HOME>アーカイブ>基礎知識を知ることに加えて費用のことも頭に入れておこう

入会金や学費などはどうか

コック

高校で調理師の資格などを取得する場合には、専門の高校を目指した方がよいです。この時にかかる費用が気になるところですが、調理師の資格を取得できる高校の多くは私立高校になりますので、初回に払う費用は100万円ぐらいになることが多いです。しかしながら、最近は補助金の制度がありますので補助金が使えるかどうかも確認しておきたいところです。中には特待生の制度もありこれを利用することで、無料で入学することが可能になります。ただし、いくら無料になるといえども特待生になるためには一定以上の成績が必要になりますので、中学時代に頑張って勉強を強いよい成績をとっておかなければなりません。

どれぐらいに免許が取れるか

将来的に勝利しになる場合には、高校で免許を取得することが必要になります。どれぐらいで免許をとることができるかはその人の実力によって異なりますが、1年間でおよそ1000時間の授業を行えば最低でも調理師免許を取得することは可能になります。この免許取得することで、現場に出て活躍することができるため、就職をする場合もそれほど困ることはないでしょう。学校によっては、和食や洋食そして中華料理など3年間ですべてを学べる仕組みを採用しているところもあります。

専攻に関しては専門的に学べる

調理した高校といっても、学年が進むにつれて専門科目が増えてきます。その中で、いくつかの専門の中から一つ専攻を選ぶことが必要です。例えば和食料理を専門的に作る人は、和食を専攻することが必要になります。そこで専門的な知識や技量を蓄えて、将来的に就職をすることになるでしょう。またこれらの技量は、単に就職をするだけでなく、自分でお店を開くときにも必要になる知識になります。そのため、3年間の時間は非常に重要になり、大切に過ごさなければなりません。

広告募集中