コーヒー店で働くために必要なこと

バリスタ

バリスタになるためには、必要な資格があるわけではありません。コーヒー店やカフェで独学で学び経験を積むことも可能な仕事です。それでも、バリスタの資格が人気があるのには理由があります。バリスタの資格は、すでに業務に携わっている人が取得するもので、基本的な技術や知識が身についているかどうかを証明し、味や香りなど一定基準のレベルを満たしたエスプレッソコーヒーを抽出することができることを意味します。より高い技術や知識を持っているということが客観的に判断できるため、転職や就職を考えている方には有利です。独学で学ぼうとすると道具や教科書など自分で用意しなければなりません。専門の講師がいる座学や実技講習を受けることで、効率的に学ぶことができるのです。

自分にあった知識習得方法とは

コーヒー

バリスタの資格には、ライセンス制のものや通信教育で受けるもの、海外の専門機関や国内の専門学校で学ぶものがあります。すでにカフェなどで働いている方は、業務の合間に受けることができる通信教育や講義を受ける方が多いです。初めての就職で、将来はカフェで働きたいという理由でカフェやバリスタの専門学科がある調理系の専門学校を選ぶ方も急増しています。海外でカフェ文化の歴史を学び、高い技術や英語力を身に付けることができる海外の専門学校に留学して、キャリアや独立のために学ぶことも可能です。よりカフェ文化があるイタリアやオーストラリア、アメリカなどは人気の留学地になっています。自分が身に付けたいレベルや技術、目的に合わせて学び方を選ぶことが重要です。

就職を有利にする

コーヒー

カフェ店や飲食店では、バリスタスタッフの求人を多く見つけることができます。通常の接客業務であれば、アルバイトが中心で未経験でも応募することが可能です。アルバイトは、シフト制で時給制になることがほとんどでしょう。大手のコーヒーチェーン店の場合には、マニュアルや研修体制がしっかりしているので、未経験でもバリスタになることができます。個人経営の店舗では、すでにマシンの使い方やコーヒーの知識が身についている方がより採用時には有利になるでしょう。バリスタの資格や業務経験があると、技術を証明することができますので、就職時に役立ちます。採用は、直接ホームページなどから直接申し込むか、求人サイトを介してエントリーします。ほとんどの企業や店舗は、まず書類選考を行い、通過した人のみ面接に進むことができるのです。書類選考の時に、バリスタの資格があると面接に進める可能性がアップするほか、自信を持って面接に臨めます。資格を持っていることで正社員への登用や給与アップなども期待できるのです。

大阪キャリナリー製菓調理専門学校

パティシエ専門学校に体験入学してみましょう。学校の雰囲気などを味わうことができるので、おすすめですね。

食の専門校レコールバンタン

学校見学に関することを相談することができます。調理の高校に通いたいと思うなら調べてみるといいでしょう。
バリスタの資格を取るならカフェの開業や資格が取れる|レコールバンタン

広告募集中